Skip to content(本文へジャンプ)

KTB・引張型SCアンカー工法

  1. KTB協会ホーム
  2. 土木部門(アンカー工法・橋梁)
  3. アンカー工法用
  4. KTB・引張型SCアンカー工法

NETIS登録No:KT-990247-VE

世界的に広く普及している引張型アンカーは、荷重の局部集中によりグラウトにひび割れを生じることがありテンドンの腐食という問題を抱えていました。本工法は、これまで不可能とされてきたPC鋼より線の芯線・側線1本1本の防錆に世界で初めて成功した、全素線塗装型PC鋼より線<SCストランド><SCアンボンド>を使用し、この問題を一挙に解決しました。

  • 安定挙動と卓越防食。
  • 大幅なコスト削減。
  • 各種受圧板に対応。
  • 施工が簡単。

※クリックで拡大

規格表

テンドンの種類と許容荷重

アンカー種類 PC鋼材断面積
(㎟)
単位質量
(Kg/m)
引張荷重
Tus
(kN)
降状荷重
Tys
(kN)
許容荷重
アンカー名称 PC鋼材
種類
PC鋼材
本数
試験時
0.90×Tys
(kN)
常時
0.60×XTus
(kN)
地震時
0.90×Tys
(kN)
K5-1H φ12.7㎜
SWPR7B
1 98.71 0.774 183 156 140 110 140
K5-2H 2 197.4 1.548 366 312 281 220 281
K5-3H 3 296.1 2.322 549 468 421 329 421
K5-4H 4 394.8 3.096 732 624 562 439 562
K5-5H 5 493.6 3.870 915 780 702 549 702
K5-6H 6 592.3 4.644 1098 936 842 659 842
K5-7H 7 691.0 5.418 1281 1092 983 769 983
K5-8H 8 789.7 6.192 1464 1248 1123 878 1123
K5-9H 9 888.4 6.966 1647 1404 1264 988 1264
K5-10H 10 987.1 7.740 1830 1560 1404 1098 1404
K5-11H 11 1085.8 8.514 2013 1716 1544 1208 1544
K5-12H 12 1184.5 9.288 2196 1872 1685 1318 1685
アンカー種類 PC鋼材断面積
(㎟)
単位質量
(Kg/m)
引張荷重
Tus
(kN)
降状荷重
Tys
(kN)
許容荷重
アンカー名称 PC鋼材
種類
PC鋼材
本数
試験時
0.90×Tys
(kN)
常時
0.60×XTus
(kN)
地震時
0.90×Tys
(kN)
K6-1H φ15.2mm
SWPR7B
1 138.70 1.101 261 222 200 157 200
K6-2H 2 277.4 2.202 522 444 400 313 400
K6-3H 3 416.1 3.303 783 666 599 470 599
K6-4H 4 554.8 4.404 1044 888 799 626 799
K6-5H 5 693.5 5.505 1305 1110 999 783 999
K6-6H 6 832.2 6.606 1566 1332 1199 940 1199
K6-7H 7 970.9 7.707 1827 1554 1399 1096 1399
K6-8H 8 1109.6 8.808 2088 1776 1598 1253 1598
K6-9H 9 1248.3 9.909 2349 1998 1798 1409 1798
K6-10H 10 1387.0 11.010 2610 2220 1998.0 1566.0 1998.0
K6-11H 11 1525.7 12.111 2871 2442 2197.8 1722.6 2197.8
K6-12H 12 1664.4 13.212 3132 2664 2397.6 1879.2 2397.6

※許容荷重は、引張荷重、降伏荷重を基準にして、各々の安全係数を掛けて、小数点以下を四捨五入した。

※地震時は0.9×Tys又は0.8×Tusの小さい方で決定する。

仕様選定(削孔径と許容引張力により選定)

ページの先頭に戻る

技術審査証明

(一財)土木研究センター 建設技術審査証明事業(土木系材料・製品・技術・道路保全技術)取得 建技審証第0415号(平成31年12月1日)

ページの先頭に戻る

KTB・引張型SCアンカー工法 事例紹介

東京駅地下水対策

東京駅地下水対策

使用技術

  • KTB・引張型SCアンカー工法

ページの先頭に戻る