Skip to content(本文へジャンプ)

KTB外付けフレーム耐震補強工法

  1. KTB協会ホーム
  2. 部材・建築部門(ケーブル・PC圧着関節工法)
  3. KTB外付けフレーム耐震補強工法

KTB外付けフレーム耐震補強工法

さらに進化した第3世代の耐震&制震補強

9のつの優れた特性から、第3世代の耐震&制震補強工法「KTB外付けフレーム耐震補強」をご提案します。

KTB外付けフレーム耐震補強工法とは?

KTB協会では「PC圧着関節工法」を用いた、既存の集合住宅や病院、学校などの耐震性能を増強し、かつ大地震後も継続使用を可能にする「KTB外付けフレーム耐震補強」を開発しました。この工法は(財)日本建築防災協会より技術評価書を取得しており、さらにKTB鉛直地盤アンカーとの併用による上下一体な耐震&制震構造を可能としています。

9つの特性

1. 計画・工法

  • 外付けフレーム耐震&制震補強工法
  • 南面・北面、両外付けフレームが可能
  • KTB鉛直地盤アンカーによる転倒防止工法
  • 建物のイメージアップ

2. 居住者への利点

  • 日常生活への影響が少ない/住みながら施工/短い工期/騒音が少ない
  • 眺望・採光・通風を妨げない/非ブレース耐震補強方式

3.エコ建築・プレキャスト構造体

  • CO2削減寄与
  • ガソリン消費削減/コンクリートミキサー車不要
  • 南洋材保護/コンクリート打設用型枠不要

4. PCフレーム

  • 高耐久プレストレストコンクリート(PC)フレーム
  • 耐震&制震フレーム構造
  • 高強度コンクリート(FC=50N/mm2以上)使用
  • 超寿命耐久・メンテナンスフリー

5. 制震効果

  • 構造体の剛性要素が制震効果を発揮
  • 耐震フレーム(柱・梁)にプレストレスを導入した制震プレストレス効果

6. 施工性・経済性

  • 工事期間短縮
  • 仮設支柱不要
  • RC造、SRC造、S造と同等の工事費
  • ライフサイクルコスト優位

7. 高さ・申請

  • 建物高さ45m以下に対応
  • 確認申請関係/通常と同様の手続き
  • 建築面積増加と延床面積増加の対応可能

8. 地盤アンカー

  • 建設技術審査証明を取得した地盤アンカー
  • 地震力による浮上り・転倒防止果
  • 卓越した防食性
  • 地盤条件に応じた施工性と経済性

9. PC圧着技術研究所・委員会の支援

PC圧着技術研究所は、多くの学識経験者による研究委員会を構成し、PC圧着関節工法の耐震技術の向上に努めています。

委員長中野 清司東京電機大学名誉教授、元・建設省建築研究所所長
委員秋山 宏東京大学名誉教授、元・日本建築学会会長
委員坂田 弘安東京工業大学建築物理研究センター准教授
委員立花 正彦東京電機大学教授
委員田邉 恵三PC圧着技術研究所技師長
委員町田 重美(株)東京建築研究所社長
委員松崎 育弘東京理科大学名誉教授
委員山内 泰之(株)日本建築住宅センター副社長
委員和田 章東京工業大学建築物理研究センター教授

※五十音順(2010年3月現在)

ページの先頭に戻る

KTB耐震補強の基本工法となるPC圧着関節工法の構造理論

進化その1: 関節理論

  • 地震時にはコーベル(あご)上で梁が回転
    柱/梁の接合部にコーベル(あご)を設けコーベル上に乗ったジョイント部が関節であると考える。地震時には人間の関節の動きと同様に、梁がコーベル上で弾性回転し元に戻り、地震のエネルギーを吸収しショックを和らげる働きをする。
  • 接点の伸び縮みをPC鋼線(SCストランド)が負担

関節理論

進化その2: 制震効果

  • 構造体の剛性要素が高度の制震効果を発揮
    PC圧着関節工法は柱・梁全てにプレストレスが導入された架構であり、地震などにより架構が変形したときには抵抗する力になり、元に戻そうとする力となって、制震効果を生む

制震効果

進化その3: 施工期間短縮

  • コーベル(あご)上で用意に柱・梁圧着接合
    一次ケーブルでプレストレスを導入されたPC部材(柱・梁)をだらに二次ケーブルで圧着接合しPCフレームを構築。
  • 柱のコーベル(あご)上に梁を仮設し、圧着接合することにより施工期間を短縮。
  • 支保工が不要

公開実験でPC圧着関節工法の耐震性能を確認

PC圧着関節工法の耐震性能について、2002年秋、東京理科大学/松崎研究室および東京工業大学・和田章研究室並びに坂田研究室の強力のもとに、東京工業大学キャンパスにおいて、柱/梁接合部のモデル実験が行われました。その結果、震度7を超える大地震の際も構造躯体(柱・梁)および接合部は殆ど無損傷であることが確認されました。

東京工業大学
試験体姿図

実験でわかった事

  • 十字形およびト形部分架構による性能実験/関節部の弾性か移転で部材に損傷は殆ど生じない
  • 柱・梁接合部分のせん断力を知る実験/RC造に対する評価値を2倍以上、上回っている
  • SCストランドの付着性能/ストランド周りのセメントグラウトを痛めない「弾性的な付着特性」が発揮される

ページの先頭に戻る

転倒防止アンカー「KTB鉛直地盤アンカー」を開発

耐震補強フレーム配置図

耐震補強フレーム配置図

中高層建築物は5-6階建て以上になると地震時に、柱に引抜き力を生じることが多くなり、建物の転倒防止のために地盤アンカーが必要になります。建築地盤アンカー工法は最近では11-15階に高層化した集合住宅等の建築物の転倒防止アンカーの開発が急務となっています。

KTB協会では、引抜き抵抗力を地盤に確実に定着し、地震時の転倒を防止する工法として、「KTB鉛直地盤アンカー」を開発し、KTB外フレーム耐震補強」との併用を推奨しています。

アンカー工法

「KTB鉛直地盤アンカー」は、耐震補強、転倒防止、浮上り対策として、これまで多くの実績があり、次の2つのアンカー工法に関して国土交通大臣認定機関の建設技術審査証明を取得しています。

高層集合住宅の転倒防止型PCaPC外付け耐震補強工法

高層集合住宅の転倒防止型PCaPC外付け耐震補強工法

KTB外付けフレーム耐震補強の施工事例

多摩市庁舎

多摩市庁舎

使用技術

  • KTB・PCa PC外付けフレーム
  • 耐震補強

小菅ヶ谷住宅

小菅ヶ谷住宅

使用技術

  • KTB・PCa PC外付けフレーム
  • 耐震補強

宮城教育大学女子寄宿舎

宮城教育大学女子寄宿舎

使用技術

  • KTB・PCa PC外付けフレーム
  • 耐震補強