Skip to content(本文へジャンプ)

KTBスーパーフレーム工法 研究会

  1. KTB協会ホーム
  2. 協会概要
  3. KTBスーパーフレーム工法 研究会

KTBスーパーフレーム工法研究会 概要

研究会は完全密封型のガルバリウム疑似溶射鋼板フレーム*1できわめて軽量品を開発しています。

*1 アルミ、亜鉛を異なる速度で溶射し形成する「ガルバリウム疑似被膜」は、アルミの量を容積比で55%迄増量した「AL55%、Zn45%の疑似合金被膜」となり、亜鉛メッキ鋼板の6倍におよぶ防錆・防食効果を可能にします。さらにトップコート仕上げにより、スーパーメタル(KSシリーズ)は完全防錆され、超耐久性・超耐候性および多彩な色調を実現します。

  • 軽量フレーム(コンクリート受圧板の約1/6)
  • 優れた耐久性・耐候性
  • 景観の美しさ(コンクリート色、グレー色、土色)
  • 製品コストの縮減
  • 施工コストの軽減
  • ※NETIS新技術情報システム登録/No.KT-000115-A

役員名簿
役員名 役員
会長 渡邊隆司